2013年7月28日日曜日

念願のボストンへ(その3)

普段から時差ボケのような生活なので、現地での時差ボケも殆どなく、開始したのでした。

ゲーム観戦まで、ホテルにこもっていようかとも考えたんだけど、食事はしないといけないから、買い出しできる場所の調査を兼ねて、散歩にでかけたのでした。

天気はこんな感じ。
町並みは。。。
2005年に出張したモントレーとは違っていて、東海岸って感じかな。
ん〜、よくわかってないわけよ。

で、お腹すいたし、自動販売機は無いしで、ファーストフードみつけたので、とりあえず入店して注文。
「コンボ、ナンバー、ツー」で出てきたのがこれ、
これで、滞在中は食事に困らないことを確信したね、
あと、お店の入り口に、「トイレがないよぉ〜」って、英語で張り紙もされていたから、日本とは違うんだなぁ〜って思ったね。



さすがに、量が多かったので近くの公園で腹ごなしに散歩してみた。

時間もあったので、公園をスタートして、市内の主要な観光地16ヶ所を巡ることができるようになっている、フリーダムトレイルに無謀にも調整してみた。
ここからスタートして(多分ここだったはず)、
なところを通過して、
  
で、クインシーマーケットでクラムチャウダー食べて、



夜のゲームの下見に、Boston CelticsのホームコートのTD GARDENに行きましたぁ〜

今みても、テンション上がるさぁ
この時点で、KGが故障で欠場って情報があって、チョット残念だったけど、
でもねぇ〜。とうとう、来てしまったった感が強くで、ふぅ〜、言葉にはならないね。

Red Auerbachの記念碑?にもドキドキしたさぁ〜。


で、時間が早すぎたので、地下鉄に乗ってホテルに帰ってしばし休憩。


なかなか、ゲーム観戦にはたどり着けないなぁ〜

2013年7月25日木曜日

念願のボストンへ(その2)

無事に1回目の乗り換えに成功したので、約12時間の飛行機での移動なのです。
たぶん、満席だったみたいだけど、シートの前後の間隔も国内線より狭い感じがしたので、もしかして、格安な便だったかもしれない。
せめてもの救いは通路側だったことでしょうかね。

で、最初の機内食がこんな感じ。
CAさんに、「ダイエットコーク」って緊張して伝えた直後だからだはず。
ピンぽげしてるし、撮り直しする余裕もなかったもよう。

この間にアルゴスカイフォール観たはず。
さくがに字幕版はなかったので、吹き替え版を選択した。

3時間30分後ぐらいに、2回目の機内食。
飲み物は、(写真に写ってないけど)「ダイエットコーク」。
食事ってよりは、おやつだよね。日本発だからアイスは日本製なんだなぁ〜、と
納得したりした。

左側の包まれたのが、これね。
コンビニのサンドイッチコーナー付近にあるやつ。
名前はわからないけど、僕の好きな食べ物です。
なんで、先にアイスを食べたのか覚えていない。。。

このあと、ロビイストの陰謀って映画をみたんじゃないかな。


最後の機内食が前回の3時間30分後ぐらいに。
飲み物は、(写真に写ってないけど)「ダイエットコーク」。。。
ブロッコリーは嫌いだけど、この次はいつ食事できるか不安だったから、頑張って食べたよ。

狭いながらも、若干の仮眠をして、映画を3本観て、食事を3回した後に、ニューアークに無事に到着したのです。



最初の難関、入国審査(入国手続き)では、
「サイトシーン」を3回ぐらい言って、
気合でパスポートにハンコもらったのです。それが原因で、写真は無しです。
「ダイエットコーク」と「サイトシーン」だけで、無事にUSAに入国できるもんです。




こっから国内線に乗り換えなんだけど、ニューアークの空港って、とくかく大きくて、
ボストン行きの乗り換えゲートまでが、判りにくいうえに、異常に遠くいし。。。
とにかく、空港の係員にチケットをみせて、何とかたどりつくことができたのです。
なので、ここも写真は無しです。





が、
ゲートを通過したらこっちのもの、
ダンキンドーナツも、USAはカッコイイかもと、無駄に写真とったりしました。

で、
この飛行機で最終目的地のボストンに移動を開始したのです。
約1時間30分の移動中は爆睡でした。
もちろん、機内食はありませんでした。

現地時間の21時ぐらいにボストンに到着。
現地スタッフとも無事に合流ができ、ホテルに移動してチェックインまで終了と。
 空港からホテルまでの車の手配、ホテルへのチェックインは、現地スタッフが対応して頂いけたのはかなりよかった。
僕の英語力では、地下鉄とかタクシーは厳しいだろうなぁ〜

なぜ、到着の写真が無いかというと、現地スタッフが僕のタイプな女性だったから。
今思うと、緊張する場面では、写真が無いことがわかってきた。

ちなみに、ホテルのロビーはこんな感じ。
写真だとそれっぽいけど、実際のとこ、こじんまりしていたと思う。
このロビーで、現地スタッフの方から、注意事項と近隣のパンフレット、無料ツアーの説明を受けてから部屋に向かったのでした。



ちなみに、
現地スタッフの女性とは、最終日まで会うことはありませんでした。
まぁ、そんなもんだよね。


宿泊した部屋は、



な感じ。
仕事で横浜に出張するホテルより、少し狭いぐらいかな。

自宅→地元空港→成田空港→ニューアーク空港→ボストン空港→ホテル
と、
約24時間の移動は無事に終了したのです。

2013年7月24日水曜日

念願のボストンへ(その1)

無事に(通信制だけど)大学も卒業できたから、念願のNBA単独観戦ツアーを決行した。
といっても、海外スポーツ観戦専門の旅行会社のワールドイベント鎌倉さんのNBA観戦ツアーなんだけどね。
でも、ホームページをみると、同年代(まぁ、アラフォーってやつですね)の方が経営していて、かなり親切に相談にのって頂きました。とても感謝です。
斎藤さん、本当にありがとうございました。

もちろん、勤務先にも、友人にも伝えずに、ひっそりと出発しました。
そうだ、事故と万が一に備えて、事務のオネーサンと、本社のT口さんとか、ごく一部の方には伝えたかな。。。
T口さんには、ボストンのビールの美味しいお店を丁寧に紹介してもらいました。

ということで、英会話なんて全くできないのに(英検4級レベル)、1人で、3月15日(日本時間ね)に出発したのです。

機内でのお昼ごはんは、弁当とお茶を買ったので

な感じにしました。
日本食の食べ納めとか、バカみたいな事を考えながら食べてました。。。

乗り換えなので、
一応、乗り換え便を確認してから、 手荷物検査したはず。

で、
は、
男女7人夏物語」 の最終回だよね。BGMに、CHA-CHA-CHAが流れたさぁ〜。
とりあえず、人がいなくなったタイミングで写真はとりました。
さすがに、大竹しのぶみたいに、手は振らんかったけどね。

で、出国検査してから

てくてくと歩いて、搭乗ゲートに向かいました。
UAだったので、真ん中あたりの飛行機だったと思いますが、どれかはわかってません。
実は、この時点で日本に帰ってこれないかも(帰ってこなくてもいいかも)って、頭の片隅をよぎったのよね。。。

といいつつも、無事にニューアーク行きに乗って、米国本土に向かったのでした。

読んだよ、

読み終えたのは、1ヶ月ぐらいまえ、
それも、約3年前の本だけど、納得いくことも多々あり。。。



少しは時間に余裕がとれそうだし、時間を決めて読書でもしてみるかと、


2013年7月23日火曜日

なるほど、

前回の投稿から、約半年が経過しているわけね。。。

無事に卒業、念願のNBA観戦とか、
社会人になってから、最高に屈辱的な4月1日とか、

投稿するネタはあるんだけど、旬を逃してしまった感はかなりあるよ。

で、
今年予定していたイベントが落ち着いたってこともあるので、
腐りかける直前のネタを投稿していこうと思っている。

ぢゃ、
明日からガンバルよ。