2013/08/31

選ばれし者?

Tags
ビックリするような事があったので、まとめておきます。
内輪ネタを含みますが、対応としては、悪くはないと思ってます。

お昼休みの少し前、11時35分ごろに携帯に、電話帳に登録のない、06(xxxx)xxxxから着信がありました。
普段は、電話帳に登録の無い着信は無視するのですが、何となく電話にでると、クレジットカード会社のコールセンターからでした。

担当者(以下、担):お持ちのカードで、本日の3時ごろに、ゲーム料金の決済がありました。カードの不正利用の可能性がありますが、本人の決済でしょうか?
私:その時間帯に決済はしていません。ゲームの購入はしたことがありません。
担:何らかの都合で、カード番号が流出した恐れがあります。カードの停止処理を実施して、再発行の処理を行った方がよいと思いますが、如何でしょうか?
私:はい、では、停止処理をお願いします。
担:では、カード番号の照合を行いますので、カードを準備頂けるでしょうか?
私:???

だってね、状況はわかるけど、よくよく考えると、着信した電話でカード番号の照合するとってことは、カード番号と電話番号がリンクできて、利用者(今回の場合は私)を具体的に特定できるのでは?って思ったわけです。

私:頂いた電話でカード番号の照合はできません。書面などで取り交わすことはできませんか?
担:書面ですと、1週間から10日を要するので、その間に不正利用があった場合には、お客様に請求額を支払って頂く場合があります。
私:では、不正利用らしき決済の明細をみせて頂くことはできませんか?
担:請求額が確定していませんし、Webなどで確認して頂くことも不可能です。
私:それは、理解できますが、着信した電話でいきなり、カード番号の照会といわれても。。。この電話自体が怪しいと考えることもできますよね?
担:わかりました、カード裏面に代表番号が記載されておりますので、そちらに電話して頂いて、担当の私と再度やりとりをするのは如何でしょうか?
私:その方が安心ですのでそうします。
担:セキュリティ管理部のフジキ(女性)と申しますので、お時間がある時に連絡をお願いします。
って感じのやりとりで電話を切りました。

で、その時のメモがこれ










文字にすると、伝わりにくいと思いますが、担当者は冷静で慌てることなく、私の考えを十分に理解して、最善の方法を考えてくれていることが十分に伝わりました。

が、私的には、フジキかぁ〜。。。ムラキならまだ信用したのに
ってネタが思いついてしまってですね。。。


とりあえず、同様な事象が無いかググってみたのですが、無い感じだったので、お昼休みを利用して、カード裏面の代表番号に電話してみました。

私:受付の方に、午前中の経緯を手短に伝えて、セキュリティ管理部の女性のフジキさんをお願いしますと伝えると、すぐにつないでくれました。
フジキ(以下フ):午前中に不正利用の件で連絡したフジキです。
私:(あっ、同じ人だ)不正利用の件で停止処理などの手続きをお願いしたいのですが?
フ:了解しました。最初にカード番号の照会を行ってから・・・

な感じで、停止処理を行いました。また、カード再発行までの注意事項などを丁寧に説明してくれました。

  • カードの再発行には、1週間から10日かかる
  • カード番号が変更になるが、航空会社など、一部のサービスはサービス継続して利用できる処理(引き継ぎの処理)を行う。
  • Edyは利用可能である
  • 他にもあったけど、忘れてしまった。
今回は、Googleの支払いサービスを利用した不正利用があったみたいな事も教えてくれました。


ネットニュースでみかけるような事が自分自身におこるなんて、不思議な感じがしたけど、無難な対応ができて良かったと思ってます。

あと、
フジキをもう少し信用しようと思います。

2013/08/30

読んだよ、

Tags
僕の記憶が正しければ、状況したばかりの東京で読んだと思う。
あぁ〜、あの時は、自分中心に世の中が回っていると、本気で思っていたなぁ〜
生意気なクソガキだわ。
いまでも、あまり変わっていないとか言わないでよぉ〜

   
で、
時代背景っていうのかな、1960年代後半から70年代前半の小説って、好きなんだよね。
ん〜、この時代に生まれた方が良かったかもって、ずっと思っているんだけどね。学生運動みたいなのに、憧れているだけかもしれない。
久しぶりに、二十歳の原点(高野悦子)でも読んで見ようっと。

高良倉吉さんの本は、だいぶ前から読んでおこうと思ってたけど、やっと時間がとれたので、読むことができた。
 

少し前までは、地元のFMラジオにも出演していたし、セミナー?を受講したこともあるんだよね。話しは上手いし、本物の研究者ってこんな感じだと思う。
今は忙しくて、ご自身の研究の時間はとれないだろうなぁ〜。。。

念願のボストンへ(その4)

前回の更新から約1ヶ月がたちましたが。。。
やっとゲーム観戦です(^^)v

1試合目は対戦相手がボブキャッツなので、少しだけよい席にしました。
ベンチ斜め後ろな感じです。


チャンピオンフラッグと、永久欠番。念願の33を拝むことができました。
 

ゲーム前のアップ。
ポール・ピアースがこのぐらいの距離。TVで観るよりより、しなやかな感じかな。




(当然だけど)ゲーム開始。予想どおり、ゲームに集中して写真はほとんど無し。

少ない写真でも、Paul Pierceだけなのはなぜだろうか。。。


前半終了。多分、この時に飲み物を買いにいったはず。

後半スタート。とにかく、まともな写真はないよ。
が、この写真で思い出した。Doc Riversの声って大きいわけ。とってもよ。
アトランタのガードだったころは、もっとスリムだったのに。。。
ドミニクとチームメイトだったのは、誰も知らないよね。

あっとゆうまにゲーム終了。予定通りセルティックスの勝利でした。



遅い時間に地下鉄は。。。とか、思いつつも、外は寒いし、人の流れは地下鉄だし、ってことで地下鉄でホテルに帰ることに。
そうそう、ボストンの地下鉄は、Charlie Cardって、プリペイドカード?(写真が行方不明?)を事前に購入しておくと、とても便利。切符売り場の渋滞を横目にサクッと乗り場に移動したのですよ、はい。

ホテルの最寄り駅をでるとこんな感じ。
ボストンって治安、いいんだはず。って、現地で気づいたのでした。

夜のホテルはこんな感じ。それっぽい感じかな。


部屋に戻って、(自分用の)お土産はハーフタイムにショップで購入した、ネックストラップと飲み物の容器でいいや、と自己満足。
昼間、コンビニで購入したサンドイッチとペプシで晩ご飯。
な感じで、観戦1日めは終了したのです。


TVではNCAAの再放送していて寝ようにも、あぁ〜、時間がもったいないなぁ〜と思ったよ。本場の「マーチ・マッドネス」March Madness)は最高だね。
マーチ・マッドネス」(March Madness)

翌日はゲーム無しで、午前中は無料のボストン市内観光ツアー。。。
(だんだんと記憶が怪しくなってきた。)