2014年12月3日水曜日

The Mutt E-Mail Client

職場で管理者権限のあるサーバが無くなってしまった。
けど、月1回のバッチ処理はあるので、別サーバ(管理者権限無し)で、一般ユーザの権限で移行処理をしてみることに。
メールでの配信処理があるので(こぢつけですよ)、Muttをインストールする。
Muttを使用するのは、Shellから添付ファイル付のメール送信する時に便利だから。
という理由で、一般ユーザで、compileしてinstallしてみることに。

configureすると、Ncurses(new curses)が無いって怒られるので、Ncursesをインストール。

ソースをダウンロードして以下を実行(参考にしたのはここ
~/tmp $ ./configure --prefix=$HOME/local --without-cxx-binding
~/tmp $ make
~/tmp $ make install
※--without-cxx-bindingはC++ 結合とデモを組み込まないようにするみたい。

次に、Muttをダウンロードして以下を実行(参考にしたのはここ
~/tmp $ ./configure --prefix=$HOME/local --with-curses=$HOME/local --with-slang=$HOME/local --with-homespool=$HOME/MailSpool
~/tmp $ make
~/tmp $ make install
※configureのオプションを色々変えながらエラー無しになったのはこれのはず。ちゃんと、マニュアルを読めってことだね。


残作業はシェルの移行だけど、環境が変更になる可能性が高いから後日ってことで。
ここを参考にすれば、うまくいくはず。

0 件のコメント:

コメントを投稿