投稿

2013の投稿を表示しています

念願のボストンへ(その9)

イメージ
更新もかなり滞ってますが、羽田行きの機内と国内線のことをサクッと記録して珍道中も終わりにしないといけませんねぇ〜。。。

ボストンから3月19日の飛行機にのって、日付変更線を超えるので。。。
日本に何日に到着なのかよくわかっていません。
デジカメの画像を確認すると、3月20日になっているので、多分そうなんでしょう、

ボストン行きと違って、機内はガラガラだったので、出発前にドアが閉まった瞬間に窓際の3人席にすっと移動しました。横になれるし、かなり快適に過ごすことができました。

が、思い出したよ。機内食。。。
その1がこれ。
ご飯は凍ったままだしさぁ〜。。。搭乗直前にご飯食べたから、空腹感もなかったので半分ぐらい残して、「ごちそうさま」しました。野菜のカットの仕方も雑だったような気がしますよ。

で、機内食その2
寝てるあいだに、投げ込まれた感じだったはず。
ここでも、コーラ飲んでいるってことは、この旅行中に相当コーラ飲んだはず。まぁ、失敗は無いからよしとしようかと。

とにかく、寝て、起きて、寝てのくり返しをしているうちに、成田に到着してしまった記憶しかないです。起きているときは、機内サービスでリンカーンを観たのと、準備していったlie to meをiPadで観で過ごしたはずです。相当疲れていたのか、この後の写真が全くないのです。。。

成田ではレンタルしたWi-Fiルータを返却して、国内線の搭乗口に移動してね。。。
そうそう、久しぶりに日本語で話すと、あぁ〜帰国したんだなぁって感じがしたね。

自分用のお土産には空港で雑誌を買ったのです。ここでも、College時代のLarry Birdが表紙だったりとか、バスケ三昧で最高な旅行でした。ほんとに。
でも、12月時点で読めてないです。はい、
だって、中身は全て英語ですから。。。写真は懐かしくていい感じですよ。

職場へのお土産とか、娘二人へのお土産も買ったのに、写真撮ってない模様。。。
まぁ、気持ちが大切だからと、自分に言い聞かせることにしたよ。
両方ともロブスター系にしたんだけど、国内でみかけないから、イイお土産だったお思いますよ。



あとね、帰宅してコロコロ(バッグ)を開けてビックリしたのがさ。。。
荷物が出発の時に詰めた状態と明らかに違っていて、↑が入っていたわけ。
最後の最後で、tsaのチェック???
ホントに、最後の最後…

念願のボストンへ(その8)

イメージ
現地時間、3月19日(火)の朝は雪でした。
まぁ、一晩でこんなに積もるもんだなぁ〜ってぐらいよ。
(雪なんか普段みないから、無駄にゲームより写真が多いのは気のせいでは無かった。。。)



予定では、BostonからChicago経由で成田だったけど、Chicago行きの飛行機がBostonへの到着が未定(欠航?)なので、BostonからWashington(Dallas?)経由で成田に向かう便に変更になりました。


といっても、私は外で大雪の写真を撮っている間に、現地スタッフのヤマキさんが手配してくれました。

ヤマキさんとの別れ際に。。。
「Washington発の便は確定していないので、もしも、欠航になっていたら、連絡して下さい」(チケットをみると、出発ゲートが****で確定してないし)

「えっ。。。」
な感じで、念願のBostonを出発したのです。

とりあえず、滑走路は除雪が進んでいるようで、


何とか、なるだろうなぁ〜って感じだったけど、いざ搭乗してみると翼の上は雪がまだ残ってて、かなりビビってました。

けど、オレンジの何かで雪を溶かす作業をして

最終的にはこんな感じになりました。

でもって、離陸に向かうのでした。
さよならぁ〜、ボストンぉ〜ん、(^.^)/~~~





んが、上空は晴天で、あの雪って何だったのか、って感じ。

着陸する時は、となりの飛行機が見えてですね。
多分、滑走路が並行に2本あって、同じタイミングで着陸する飛行機なんだはず。日本ではこんな規模の飛行場って無いはず。こんなとこでも、アメリカって大きいんだなぁ〜と実感したのでした。

Washingtonに無事に到着したので、出発が確定したかの確認するとOKっぽい。
ので、昼食。

のんびり食べていたら、搭乗時間に。。。

並んでて、チケットを通すと、ビィ〜ってエラー音
どうやら、Shanghai行きのゲートを確認して、並んでいたもよう。
ほんとに、この時ほど、警告音、ありがとう、って思ったことは無かったね。

で、係員に成田行きのゲートを教えてもらって(英語だったけど、教えてもらったと信じて)、成田行きのゲートにダッシュして、出発時間の5分前に無事に搭乗。
これじゃ、国内線の搭乗と変わらない感じかと。まぁ、間に合ってしまえばこっちのもんだしね(^^)v

この、一人珍道中、なかなか終わりませんなぁ〜。。。

念願のボストンへ(その7)

イメージ
現地時間で、3月18日(月)の夜。今回のメインイベントです。
ゲーム前のアップからスタート (何度も書きますが、思ったより写真が少ない。。。)
アップの時はベンチ前のコートだったけど、ゲーム開始直前は、最初のオフェンス側に移動してシューティング。。。
確か(BSの解説だったと思うけど)、最初のオフェンスするゴールは選択できるらしい。その日のチーム状況を考えて、ゲーム後半にHCが選手にコールしやすい方を選択とかだったと思う。。。
ゲーム終盤のベンチ前でオフェンスか、ディフェンスか。。。
ディフェンスが多くなるのは当然ですよね?、この日も後半のベンチ前はディフェンスになる選択になってました。

bj-leagueリーグは逆だっけか?
今シーズンのルールブックで確認してみないとだね。

ゲーム前のアップ画像を(特に説明はなしで)、







かろうじて、撮影した動画。。。


ゲームスタートぉ〜


おぉ、なつかしい、Fab Fiveジュワン・ハワード







このあたりで、前半が終了。
前半にはこんなプレーが目の前でありました。
スポールストラがタイミングの良いコールしたし、ジェイソン・テリーがボール持った時は、チームでスティール狙っている感じだったし。。。
HCって重要だと再認識したね。
余談だけど、
右上あたりに写っていてもよさげだけど、微妙に写ってないんだよなぁ〜、これが。


後半スタート




念願のボストンへ(その6)

イメージ
現地時間で、3月18日(月)、朝から連勝が止まる予感がしてました。。。

といっても、ゲームは夜なので、昼間は時間があります。
あまり遠くにもいけず、かなり迷った末に、ボストン美術館(Museum of Fine Arts, Boston)に行くことにしました。美術館は行ったことないけど、まぁ、最初で最後かと思いつつも、のんびり過ごせるんじゃないかった考えた次第です、はい。


 地下鉄で美術館まで移動。
ボストン市内の地下鉄は、路線ごとにレッド・ブルー・グリーン・オレンジで色分けされていて、グリーンは治安がいいらしい。美術館まで、グリーンラインで行けることも目的地にした理由だったりします。

到着
 昼食 写真は撮ってないけど、とにかく広いとこです。
日本語の無料パンフレットもあるし、平日ってこともあったのか、ユックリ歩いての見物には全く問題なし。どちらかというと、歩き疲れる感じ。

学校の授業?で先生らしき人に引率されている団体がいたり、日本人観光客も少しいたかも。スパニッシュ系の警備員が普通にサボってたり、して何か面白かった。
普段は触れることのない、芸術ってやつを感じましたよ、多分。

帰りの電車 走れば間に合ったんだけど、写真撮りたかったので、次の電車でホテルに帰りました。
地下鉄だけど、地上を走ってたりして、4両編成ぐらいでこじんまりしていて、乗り心地は良くないけど、風情がある感じの電車です。何がいいって、本数が多くて便利なとこです。

本当に歩き疲れたので、ホテルに帰って休憩して、夜の決戦に備えたわけです。

ホテルでの休憩後にTDガーデンに地下鉄で移動、(私的には非常に珍しく)早めに到着したのです。
今日の席は、アウェイのベンチうら(つまり、マイアミのベンチうら)で観戦です。
ゲーム前のアップはこんな感じ、
ボストン側

デジカメでズームしているけど、目視でもこんな感じの席でした。
大量に写真撮ったつもりだけど、以外に無いのにショック。。。

ゲーム前のアップと前半は次回ということで、